» 2016 » 12月のブログ記事

トヨタヴィッツ 値引き方法について

83ba2c2038833f0054099f3bd4df86e0_s

昨今は、ハイブリッド車が多くのところで普及しつつあるのではないかと考えられています。環境に良いとされる自動車の一種であり、積極的にハイブリッドカーを選択して購入する人が多く見受けられているのではないかと思います。このような傾向は、多くのエリアで見受けられるものとなりつつあるため、しばしばハイブリッド車に関するトピックが挙げられるようになっていると推測されています。日本国内ではこの数年でハイブリッドの車が飛躍的に普及し、大きな話題として取り扱われているのではないでしょうか。
環境に配慮したタイプの自動車としても、ハイブリッド車が幅広い業界でクローズアップされているとみられています。ガソリンを多く消費しない点や、燃費性能が高水準にあることなど、様々な側面でハイブリッド車が高く評価されてきており、注目の度合いが増していると言えるのではないでしょうか。ハイブリッド車は継続的に普及が進行しているものの、これからも同様の傾向が維持されるのではないかと予測されています。これまでに比べて多くの世帯で、ハイブリッド車がしばしば利用されるようになるのではないかと、多方面で強い期待が示されるのではないでしょうか。

軽自動車ベースのキャンピングカーでは小さすぎる、かと言ってハイエースベースでは大きすぎるというキャンパーの希望にジャストフィットで応えるのが、長野県に本社を持つ「フロットモービル」社がカスタマイズした中型キャンピングカー「シュピーレン」です。
シュピーレンは、トヨタの商用車である現行型タウンエースをベースとしており、見た目はタウンエースそのままですが中身は様々な工夫が施されています。
シュピーレンは、1人掛けのバタフライシートを設けた5人乗り仕様と、2人掛けバタフライシートの4人乗り仕様がラインナップされ、エンジンは1.5Lガソリンエンジン、トランスミッションは4速ATか5速MT、駆動方式はFRとフルタイム4WDから選択できます。
室内空間は、1人が眠れるスペースから小家族で眠れるスペースに自由自在に様々なアレンジが可能なベッド、スキーやサーフボードなどが楽々積み込める広々とした収納空間、折りたたみ式のテーブルなどを備えており、オプション設定で真冬も暖かく過ごせるFFヒーターや猛暑でも快適に過ごせる換気扇も装備できます。カスタマイズも自由自在で、コンパクトにまとめられたシンクに5Lの排水タンク、電子レンジが装備可能なスペースも設けられています。