83ba2c2038833f0054099f3bd4df86e0_s

車と言えば、2014年度もプリウスが異常なほどに人気でした。エクストレイルやマーチ、キューブやNOTE、人気の車はいつまで売れ続けるのでしょうか。
話が変わります。次も頑張ろう!を発している尾野真千子さんを自宅のテレビで観ています。徹子の部屋を観ているのです。私自身今は家に居ますが、本当は車で出かけるはずだったのです。
テレビにつかまって出かけそびれた。そんな他人のせいには出来ないけれど、事実上分かりやすく言うためにはそうなってしまいます。
ちょっとのつもりで付けたテレビ、真面目な話で危ないところでした。そろそろテレビをオフします。テレビを切らなければ、次へ進めないのです。すぐそばでファンヒーターが私を眠らそうとしています。こちらの甘い誘惑もシャトせねばなりません。シャットアウトとは封じるイメージです。
野菜を買いにJAへ行きます。18時閉店なので、時間的な余裕が有るけれど、他にも行きたい場所が有るのです。
テレビも暖房も私を夢心地にさせてくれました。例えはぶっ飛びますけれど、それぐらいに技術が高い運転手に実は私もなりたいのです。
自動車運転の技術は人によって差が出るはずです。ナチュラルな発進、穏やかなブレーキ、それらは訓練で確実にアップするはずです。だからこそ運転技術については、他人を馬鹿に出来ない部分です。多少の事は運動神経などで、どうにもならない部分が有るとしても、成長の余地と言ってはなんですが、<伸びしろ>が有ると思っています。余白みたいなイメージです。技術向上の限界はまだ先ですよ!というメッセージのような範囲です。
上手な運転のバスの運転手、そういう人は乗客を眠りに誘います。それに対抗し、ヘタッピなタクシー運転手が居るとしたら、お客さんも寝てられないと思うので、そんな話を書いてみたかったのです。

スバルレヴォーグを値引きする方法とは?

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする