ee802981824f6cc920c2e54f1b24ee61_s

運転中のシチュエーションによっては、ハンドルを握っている人の本性が垣間見られるので興味深く観察しています。友人の車に乗せてもらったときには、早く前方に原付が登場しないだろうかとワクワクしています。車道を走る原付は制限速度が30キロですから、当然のことながら自動車は後ろから追い抜く必要があります。とすると、どのような追い抜き方をするかによって性格がわかるというわけです。たとえば、私の大親友の場合は弱い立場の人に優しい対応ができる人物であると断言できます。普段の生活で確認済みではありますが、それが果たして本性なのか否かについて以前から気になっていました。しかしながら、友人の車に乗せてもらう機会を得たときに偶然にも前方に原付が走っていたのです。片側一車線の道路ですから、追い抜くという動作が必要不可欠になります。友人はどのような運転を行うのか見ていると、対向車線に車が走っていない状況を見計らって、なおかつセンターラインが白い状態であることを確認してから原付を追い抜きました。原付との間の距離が広かったので、どちらか一方が意図的にぶつかって来なければ事故が起こらないほどの余裕がありました。この結果から、友人は心優しいことがわかりました。

ニッサン モコを値引きしてもらう方法

ec9c31e9ae1b40c2979dc2310ad877e2_s

普段、車は当たり前のように乗っていますけれど、その中身はすごいのではないでしょうか。様々なパーツが組み合わさって車が出来上がっています。たとえばタイヤは丸い金属とゴムが合体しています。車の内部にはエンジンもあります。そして、柔らかいシートやハンドルなどが付いています。このように車は現代の技術の粋を集めたものであると考えることが出来ます。
窓ガラスもありました。これはかなりしっかりしています。そう簡単には割れません。暖房や冷房も完備されています。寒い季節でも車内で温まる事が可能になるのです。実際に移動手段としてだけでなく車の中はくつろぎ空間となります。そうなってくると値段が高いのも頷けると言えます。
車の中で音楽を聞くことも可能です。CDを再生する機能があって、更に最近ではカーナビがあります。テレビを見ることも出来るのですが、走行中は危ないので表示されなくなるという安全な機能も付いています。シートベルトだけでなくエアバッグなども付いていて安全性はとても高いのが車なのです。種類は多いですがその構造はどの車も似ています。ですから、一つでも車に関する知識があるならば、中身を見て楽しむこともできると言えます。

43dc98fdf111a0f261b07fcaff11f935_s

スズキ ハスラーを値引きしてもらうには?

最近の車は、デザインが丸っこいものが多いと思います。やはり、スペースを広く確保するためには、どうしてもそういうデザインになってしまうのかもしれません。昔の車は、平べったいものが多かったと記憶しています。特にバブル景気のころのマーク2やソアラ、シーマなどは、かなり平べったいデザインだったと思います。また、スポーツカーなども昔のシルビアやプレリュードなどは、ボンネットがとても長く、そして平べったいデザインでした。今となってみると、変なデザインなのかもしれませんが、当時はとてもかっこいいと思っていたと思います。特に近所でソアラに乗っている人がいて、当時は珍しかったデジタルメーターなどが装備されており、とてもかっこいいと思ったのを記憶しています。最近はカーナビも安く手に入るようになりましたが、1990年代はなかなか持っている人がいなかったように思います。こういった電子機器の進歩はとてもめまぐるしいものがあります。最近はレーダーで感知し自動的にブレーキがかかったりする装備を各社でだしており、こういったハイテク装備はこれからも増えていくのだと思います。高齢化が進む中、こういった安全装備はこれからも必要になっていくと思います

218b4a175fa82a1101f51fd5b9a3cc93_s

世はバブル経済真っ盛りの1989年、ダイハツ工業は小型セダン「アプローズ」を販売開始、2000年まで生産販売されていました。
アプローズは同社のフラッグシップであったセダン「シャルマン」の後継車種として開発され、ボディスタイルは一見すると4ドアセダンのように見えながらも「スーパーリッド」と呼ばれるトランクとリヤガラスが一体化したハッチゲートを備え、5ドアハッチバックセダンという珍しい構造を取り入れていました。リヤシートは前に倒すことができ、スーパーリッド構造と相まって大容量の荷物や折り畳み自転車などを積載することができます。
アプローズは、今となってはコンパクトな部類に入る5ナンバーサイズのボディに、1.6Lの直列4気筒SOHCエンジンを積み、トランスミッションは4速オートマチック(2WD車のみ)と5速マニュアルが用意され、駆動方式はFFとフルタイム4WDがラインナップされました。
1992年のマイナーチェンジでフロントマスクやバンパー形状が変更され、1994年には4WD仕様が廃止されFFのみとなり、1997年のマイナーチェンジでマニュアルは廃止されオートマチックのみとなり、車内インパネには木目調パネルが備えられ、リヤシートにもリクライニング機構が追加され、高級化路線がより強化されました。

83ba2c2038833f0054099f3bd4df86e0_s

車と言えば、2014年度もプリウスが異常なほどに人気でした。エクストレイルやマーチ、キューブやNOTE、人気の車はいつまで売れ続けるのでしょうか。
話が変わります。次も頑張ろう!を発している尾野真千子さんを自宅のテレビで観ています。徹子の部屋を観ているのです。私自身今は家に居ますが、本当は車で出かけるはずだったのです。
テレビにつかまって出かけそびれた。そんな他人のせいには出来ないけれど、事実上分かりやすく言うためにはそうなってしまいます。
ちょっとのつもりで付けたテレビ、真面目な話で危ないところでした。そろそろテレビをオフします。テレビを切らなければ、次へ進めないのです。すぐそばでファンヒーターが私を眠らそうとしています。こちらの甘い誘惑もシャトせねばなりません。シャットアウトとは封じるイメージです。
野菜を買いにJAへ行きます。18時閉店なので、時間的な余裕が有るけれど、他にも行きたい場所が有るのです。
テレビも暖房も私を夢心地にさせてくれました。例えはぶっ飛びますけれど、それぐらいに技術が高い運転手に実は私もなりたいのです。
自動車運転の技術は人によって差が出るはずです。ナチュラルな発進、穏やかなブレーキ、それらは訓練で確実にアップするはずです。だからこそ運転技術については、他人を馬鹿に出来ない部分です。多少の事は運動神経などで、どうにもならない部分が有るとしても、成長の余地と言ってはなんですが、<伸びしろ>が有ると思っています。余白みたいなイメージです。技術向上の限界はまだ先ですよ!というメッセージのような範囲です。
上手な運転のバスの運転手、そういう人は乗客を眠りに誘います。それに対抗し、ヘタッピなタクシー運転手が居るとしたら、お客さんも寝てられないと思うので、そんな話を書いてみたかったのです。

スバルレヴォーグを値引きする方法とは?

a46032c118507bab5a13092abecf8731_s

三菱自動車の小型ワンボックスワゴン「タウンボックスワイド」は、同社の軽自動車「タウンボックス」をベースとして1999年に登場、2001年まで生産・販売され、スズキのエブリイプラスやダイハツのアトレー7などとともに今となっては珍しい軽自動車ベースの多人数乗車可能なミニバンです。
ボディはタウンボックスをベースに、基本的なボディサイズにほぼ変化はないものの大型バンパーやオーバーフェンダーを加えて迫力をアップ、グレードはロールーフの1グレードのみです。
また、ワイドトレッド化により走行安定性はベースモデルのタウンボックスよりも向上、エンジンは同社の小型SUV「パジェロJr.」や小型トールワゴン「トッポBJワイド」にも搭載されていた1.1L直列4気筒SOHCガソリンエンジンを運転席下に搭載して小型乗用車登録となり、トランスミッションは4速オートマチックと5速マニュアル、駆動方式は後輪駆動とフルタイム4WDが用意されていました。
車内空間の広さは軽自動車であるタウンボックスとほぼ同等ですが、リヤに3列目シートが設けられ6人乗りが可能ですが簡素な作りでエマージェンシー的な仕様となっており、実質は4人乗りとほぼ変わらない仕様となっていました。

72e30f3bc6e70d9d38f8d7282189ef82_s

私はこれまでに自家用車として4台乗り継いできました。そのうち、3台は普通自動車で1台は軽自動車です。2代目を買うとき、希望が二つありました。4人乗りで荷物を沢山収納できる車であること、ハッチバックというのでしょうか、後部座席と荷台がつながっているタイプのものです。もう一つはできれば軽自動車であるということです。

車の売却価格について→車査定 相場
なぜ軽自動車が欲しかったかといいますと、維持費が普通車に比べて安いからです。年に一回の税金、2年に一回の車検、どちらを比較しても軽自動車の方が圧倒的に安いのです。当時は結婚もしていませんでしたので、大勢の人を乗せるわけでもなく、移動手段として車を使用している私には軽自動車のスペックで十分事足りたのです。
そんな私ですが、どの車を購入したかといいますと、スズキのカルタスの中古車です。そうです。軽自動車ではなく、普通車です。では、なぜ普通車を購入したかといいますと、購入の際の代金が軽自動車よりも安かったからです。
知り合いが中古車販売業者と知り合いであるということもあり、この方に色々調べていただいたのですが、私がカルタスを購入した当時、4人乗りのハッチバック式の車は中古車といえども値段が高かったのです。なぜ軽の方が高いのだろう?といぶかる私でしたが、不思議に思ったところで安かなるわけでもなく、普通車を購入しました。
カルタスも十分良い車でしたけどね。

aab2e219f89b6a37503acbcb0144a743_s

つい先日のことなのですが、我が家の愛車のヘッドライトの電球が片方だけ切れていました。
運転中にヘッドライトの明かりが片方消えていれば、
前を見て運転しているわけですから、当然すぐに気付きそうなものなのですが、意外に分からないもので、
実は気付くまで一週間ほどそのままだったのです。
ただ幸いなことにこの一週間、夜間に愛車を運転をする機会が無かったですので良かったです。
もしかするとポジションランプは正常に明るく点灯していたので、
それもあって気付くのが遅れたのかもしれません。
では何故ヘッドライトの電球が切れていることに気付いたかと言いますと、
先日、知り合いが働いている行き付けのTOYOTAカローラに車検をお願いした際、
整備士の方が教えてくれたのがきっかけでした。
自分でも「あ、電球切れてたのか」と気付けなかったことに驚いたくらいです。
タイミング的に車検が先日で本当に良かったです。
もしこのタイミングでTOYOTAへ行っていなければ、
安全に支障がでますので怖いものです。
まぁそんな感じでTOYOTAで気付きましたので、車検と一緒にそのままヘッドライトの電球交換を、
切れてしまった片方だけでなく両方新品のものへお願いしました。
ですので、今は安心して夜間も愛車で出掛けられます。
今回思ったのは、「自分自身でも出来る限り、車の点検や確認は行わないといけないな」ということです。
こういった機会がないとこんなことは考えなかったかもしれませんので、
ある意味良かったです。
以上、意外に気付くのが遅くなってしまった、ヘッドライトの電球が切れていたエピソードでした。”

4b0811386d21e59fcb83e5c1b3264c57_s

ホンダのN BOXを値引きしてもらう方法とは?

車の燃費は年々良くなってきています。
さらに性能もどんどん良くなっています・

車を買い替えるのは、10年に一回くらいです。
10年前の車と比べてしまうため、なおさら驚くことが多いのも無理はないのかもしれません。

燃費は数年違うだけでも、かなり良くなっているような気がします。
コストがかからない車の人気が高いのもうなずけます。
また環境に良い車が重視されています。

一昔前は、大気汚染が日本でも深刻な環境問題になりました。
それが今の地球温暖化に繋がっているのかもしれません。

車はきっと走らせるだけで、公害の要因になってしまうものなのかもしれません。
その数も増えれば増えるほど、なおさらのことです。

今の若い人は車の免許を取得する人が減ってきているとも聞きます。
車の免許を取得する費用も、一昔前に比べると、2倍以上になっています。

それに、車の免許を取得しても、車の購入から維持していくまでの費用を考えると、かなりの金額がかかってしまいます。

今の若い世代は、いわゆる贅沢品というものを好まない傾向にあります。
車も贅沢品の中の一つに入ってしまうのでしょう。

これからの車は低コストで、環境に優しい車がどんどん開発されて、そういう車に人気が集中していくのでしょうね。

わたしが乗っている車は二年前に、中古車で買いました。その時は新車を買おうと思っていたのですが、予算が厳しくなって私は仕方なく中古車にしたのです。

5e1ab727389599292ba94f54b2c512fb_s
でもとてもきれいで、とても素敵な車だったのです。私はすぐにお気に入りになったのです。そして思った事は、とてもよく走る事です。そんなにもいいエンジンを積んでいたのかわかりません。でも本当にとてもよく走るのです。
今まではなんとも思いませんでしたが、友人の車に乗った時わかったのです。私の車が一番よく走るという事がわかったのです。そしてとてもスマートな車なのです。
私は毎日この車に乗って会社へ行っています。会社でも、同僚からカッコいいとか乗せてほしいとか言われます。見た目も結構好きなのです。
中古車で買いましたが、古さを全く感じさせない車なのです。そこがまたとても気に入っているのです。
今まで車を買うなら絶対に新車だと思っていました。一回でも知らない誰かが運転した車なんて、絶対に嫌だと思っていました。でもいざ乗ってみると、中古車の良さが感じられるのです。
新車では感じられない車の匂いを感じます。懐かしい匂いなのです。私はそんな車が大好きです。中古車でもここまでカッコいい車が大好きなのです。